アセンション2024年イントロダクション

◎2020年10月2日 夜8時。突如として私の意識に映し出された映像は、

宇宙から見た地球の外観でした。その映像を元にチャネリングしたものを記します。

※私には、イントロダクションがキリスト教の予言【空中携挙】に思えてなりません。


2024年。宇宙軌道にスペースシップが現れると地球の大気圏には大きな穴が開きます。

それが宇宙遺伝子群が降りる空間です。

このクレーターにも似たマンホールは宇宙遺伝子群の通路となります。コネクター。

これが空洞化現象=空洞化的意識の解除をつくるエネルギーになります。

ただし、人間が大気圏に降りても軌道をつくる為の装置は発見できないでしょう。

 

これによって、仲間の未来をあんじる仲間の光の輪があらわれると

守られた人間のみが、イントロダクション=導入を行います。プログラミング。

それは幾つもの光の階層をつくる、輪の階層群の中へと消えて行きます。

この階層が同じ意識を持つ仲間の遺伝子たちです。

 

消えて行く人々は、やがて地球を守る為にフォトンの因子を運ぶ、

遺伝子群と並んで降りて来ます。これが地上波を変えるフォトンの遺伝子群になります。


宇宙遺伝子群は、光の輪をバックアップするようにトルネード=竜巻をつくり、

仲間の遺伝子群と出会うことで、階層別のエネルギーを解除をさせるのです。

トルネードの目的は仲間の意識の交換と空間を移動する為のものです。

 

こうして同じ意識を持つ遺伝子群の統合が始まり、イントロダクションを初めてとする

宇宙遺伝子群の砦(とりで)が出来ると新しい生命活動が始まります。

元々、宇宙にあった遺伝子群が統合を果たして、軌道を変えるだけなのです

そして統合を果たした意識は宇宙空間にある、新しい次元へと消えて無くなるのです。

 

アセンションをつくる方向は同じ意識が、もたらすことになります。

ワンワールド:ワンネスの統合により意識を変える。

                                                                                                        2020.10.2  pm21:44


2025年から2026年にかけても、同じことが起きるでしょう。2027年2028年には階層別の

エネルギーが動き出す為、選択されたもののみが遺伝子の解体を促すことになります。

 

イントロダクションをつくる意識の繋がりは、同じものとしか整合しません。

エアポケットに入ったような意識の感覚は、この時に映し出された意識の繋がりです。

脳波に映し出される未来像が現実化するには、同じ意識の繋がりが必要なのです。

どうか皆さんも、アセンションをつくる同じ意識の繋がりを持ち続けてください。


※細字は補足の【追記】です。


アセンション
アセンション2024年イントロダクション